株売買

まず、「株式」はに関しまして、ごく簡単に説明決める。
株式会社は会社を運営するのにお金が足りない場合、いろんな人にお金を出してもらって、会社を運営していきます。
こういう「会社にお金を出してくれた人」について、「お金を出してもらいました」、という証拠として渡すのが「株券」、いわゆる「株」になります。
株券を持っている人を「株主」と言いますが、株主は持っている株の数によって、会社の儲けを分配していける。こういうお金が「配当」だ。
たくさん儲ける会社の株主は、高額の配当がもらえるし、あまり儲けていない会社の株主は、配当ばっかもらえません。
なので、人気のある会社の株は、みんなが欲しがるため値段がどんどん上がります。逆に人気のない会社の株は値段が下がります。
株価はその株を「売りたい人」って「買いたい人」のバランスで決定されます。
株価は絶えず変動していて、こういう株価の差額で売り上げることが株取引の基本です。
安く買った株の値段が上がったところで売ると、儲けが出るということです。もちろん、買った時の値段よりも株価が下がったら損をします。
こういう株の値動きを見極めて、売買していくことになります。

カードローンで破産する人とは?

株売買