投資家の誤った行動

・自信過剰、楽観主義

ユーザーは自己の能力の高さを過信して、根拠のない自信を抱きつく傾向があります。

自分には銘柄選択能力が備わっている、自分の購入した銘柄は必ず上がるはずといった形で、自信過剰・楽観気味になっているとされています。

ベンチマークが順調に上がっているだけなのに、自身の銘柄選択能力が正しかったのだなどと勘違いしたり、逆に株価が下がっていた場合、市場が異なるって責任転換をしたり行う。

・代表制

代表制はユーザーが銘柄選択の意思決定を行うにあたって、特徴的な傾向を見つけ、直ちにその特徴が備えられているという推定して仕舞う現象を言います。

例えば株価が節目で反発しているので、その事象をもちましてここが底だともらい買いを入れて仕舞う行動を言います。

安いサンプルでは判断する事は出来ず、反発する傾向あるように見えていても株価は期待収益率からみるとまだまだ割高であったりする可能性も厳しく、代表制の行動に囚われていると規則正しい銘柄分析はできません。

・保守主義

保守主義は真新しいイベントが起こってしまった場合、認識を改めるのに、ある程度の時間を要してしまう事によって来る誤りを言います。

例えば、とある画期的なビジネスモデルを持っている企業の株を買い、その企業は順調に成長していっていると行う。

ところがある日を境に、ビジネスモデルに重大な欠陥が発生し、後々の成長率は投資した当初の成長率を到底維持できそうに無く、株価も当然買値から下がってある。

そんな時に当初の見通しと変わったので敢然と断ち切る事ができず、他の材料で返るのではないかといった淡い期待を抱きつくのが保守主義のユーザーの行動だ。

そのまま塩漬けとしてしまい、損失は長くを経て、更に拡大を続けていきます。

・アンカリング

株式投資を行う場合、銘柄選択の過程ではリターンのあたりをつけてから、その修正を通じて出向く形を盗るのですが、その修正が不十分になる行動をアンカリングといいます。

例えば、投資額から材料が出れば20%位はリターンが見込めるので、投資したという行う。

予定通り材料が出たけど10%程度近くしか上がらず逆に売りに押され始めたので、最初の見通しを修正する必要が出来て来るが、名残惜しくなってしまい修正が出来ない様な行動を言います。

・ユーザー機運

ユーザー機運はファンダメンタル以外の要因が影響して、ユーザーの行動に影響を与える事を言います。

例えば市場が大暴落を起こした時、その企業の株の業績見通しや成長見通しは変わっていないのに、不安になってろうばい売りをしてしまう事を言います。

バイナリーオプション攻略法

投資家の誤った行動